So-net無料ブログ作成

ETCゲートでの速度と車間距離

ETCを利用して高速道路を走っている人は、入口、出口のETCゲートに「20キロ」と制限速度が示されているのはご存知ですよね。
いくらETCがノンストップで料金所を通過できるというメリットを持っていても、ノンブレーキでそれまでの速度のままゲートに突入するのは危険過ぎます。
中には「今回は60キロでも大丈夫だった」などと「何キロまで速くても行けるか」と記録を出そうとしている人の話も聞いたりします。
何かあってゲートが開かなかったときのことや前の車が急停止したときのことを考えるととても怖い話ですよね。

また、前の車にぴったりとくっついてETCゲートを通過すると、ゲートのバーが上がったままになることもあるようですが、これを経験した人は相当前の車との車間距離を詰めていたと考えられます。
通常、前の車と適切な車間距離を保っていれば、バーが一度下がってから再び上がるのですが、あまりに2台がくっついてゲートを通過しようとしたため、バーを一旦下ろすことができなかったのでしょう。
当たり前の話ですが、バーが上がりっぱなしで通過した場合でも、ちゃんと後ろの車にも通行料はかかってきます。
前の車にくっついてゲートをすり抜けてもきっちり料金は精算されていますからね。
「これぐらいの速度なら行けるかな」とか「これぐらいの車間距離ならバーは下りないかな」などと試すようなことは危険ですから絶対にしてはいけません。

なんらかの理由(ETCカードが抜けていた、車載器の故障など)でゲートが開かなかったり、前の車がそのような理由で急停止することも珍しいことではないのです。
早くゲートを抜けたからと言って、あるいは前の車と一緒にゲートをすり抜けたからと言って、なにか得になるようなことは何もないので安全に運転するようにしてください。

お得にETCを利用したいのであれば、ぜひマイレージサービスに申し込みましょう。
ETCマイレージサービスは、航空会社の発行するマイレージカードとは関係のないサービスで、有料道路をETC無線走行したときにのみポイントが貯まり無料走行分として還元できるものです。
ETCマイレージサービスにはマイレージカードは発行されず、申し込みの際に登録したETCカードにポイントが貯まっていきます。
複数枚のETCカードを持っている人でも、カード1枚につき1つのマイレージIDが発行されるため、ポイントの合算は出来ずカードごとに貯めていくことになります。
安全にお得にETCを利用してください。

ネットワークビジネス被害者
失敗しない会社の比較選び方
ネットワークビジネスランキング


nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。